眼科専門医・視能訓練士があなたの目の健康をサポートします。

原眼科医院トップへ
あなたの見えるよろこびをサポートする−原眼科医院
原眼科医院について 外来治療について 治療インフォメーション 目の病気 当医院へのアクセス 真岡コンタクト

目の病気と健康について

目の構造│目の病気と健康│目の病気Q&A


老人性白内障
緑内障
糖尿病と目の病気
飛蚊症
赤ちゃんに気をつけたい目の病気、幼児のメガネ
スポーツやショックによる網膜はく離
ドライアイ、眼精疲労
麦粒腫、結膜炎
 
目薬の使い方
生活習慣から起きやすい目の病気と予防
目の病気に良いとされる、食物、食生活、生活習慣

緑内障

 眼に触れるとゴムまりのように一定の弾力性があるのがわかります。これは「房水」という透明な液体が絶えず毛様体で生産され、水晶体や角膜に栄養を与えて隅角から流出するという循環を行い、流れが順調なときは眼圧は一定に保たれて、眼はへこんだり、また固くなり過ぎることもなく、一定の眼圧のもとで網膜に像が結ばれて正しく物を見ることができます。
 房水の生産と流出のバランスがくずれることにより眼圧が高くなると、視神経が集まり束になっている乳頭部へ負担がかかり、視神経がおかされ、視覚障害(視野欠損や視力低下)や眼の痛み、頭痛や吐き気などを起こして緑内障となります。

 緑内障は、自覚症状が現れにくく視覚障害が起こってから気づくことが多いので、気づいた時には随分進行しているケースも多く、特に注意が必要です。


図版引用:参天製薬 提供「緑内障」リーフレット



 原眼科医院 〒321-4361栃木県真岡市並木町2-26-1 Tel.0285-84-1611
Copyright since 2000 Hara Ophthalmology hospital All Right Reserved.