眼科専門医・視能訓練士があなたの目の健康をサポートします。

原眼科医院トップへ
あなたの見えるよろこびをサポートする−原眼科医院
原眼科医院について 外来治療について 治療インフォメーション 目の病気 当医院へのアクセス 真岡コンタクト

目の病気と健康について

目の構造│目の病気と健康│目の病気Q&A


老人性白内障
緑内障
糖尿病と目の病気
飛蚊症
赤ちゃんに気をつけたい目の病気、幼児のメガネ
スポーツやショックによる網膜はく離
ドライアイ、眼精疲労
麦粒腫、結膜炎
 
目薬の使い方
生活習慣から起きやすい目の病気と予防
目の病気に良いとされる、食物、食生活、生活習慣

ドライアイ、眼精疲労

疲れ目

 疲れ目の原因は、近視や乱視があるために眼の調節するのに無理な力が必要だったり、結膜炎のような感染が原因だったり、両眼の視力が不均一なためだったり、照明が不適切、過労、睡眠不足、ストレスなどさまざまな因子が考えられています。

自覚症状としては、「眼そのものが疲れた感じ」、「かすみ目」、「眼が痛い」という感じだけでなく、「肩凝り」、「頭痛」、「頭重感」、「胃部不快感」を訴える人もいます。十分な休養や睡眠をとっても目が疲れる、頭が重いなどの症状が続くようなら、早めに医師へ受診するようにしましょう。

 

ドライアイ

 ドライアイとは、涙の分泌量が低下し、眼の表面が乾燥してしまうために眼の不快感を訴えたりすることをいいます。原因としては、加齢のみならず、コンピューター入力作業などで画面を凝視することによって、まばたきの回数が減少したために眼の表面が乾燥したりします。コンタクトレンズの装着によっても起きることがあります。ドライアイは眼球を傷つけることさえあります。

自覚症状としては、眼精疲労とほぼ同様で「眼が疲れる」、「眼に不快感がある」、「眼の重たい感じがする」、「まぶしい」、「かすみ目」、「眼がゴロゴロする」などです。眼科で簡単に涙の分泌量が減少しているかどうか検査できます。

 医師の指導で点眼剤をもちいたり、1,2時間毎に目を休めるような習慣をつけるとよいでしょう。 また空調によって著しく湿度が低いような部屋では、加湿する処置も必要なときがあります。



 原眼科医院 〒321-4361栃木県真岡市並木町2-26-1 Tel.0285-84-1611
Copyright since 2000 Hara Ophthalmology hospital All Right Reserved.