眼科専門医・視能訓練士があなたの目の健康をサポートします。

原眼科医院トップへ
あなたの見えるよろこびをサポートする−原眼科医院
原眼科医院について 外来治療について 治療インフォメーション 目の病気 当医院へのアクセス 真岡コンタクト

目の病気と健康について

目の構造│目の病気と健康│目の病気Q&A

目薬の正しい使い方

老人性白内障
緑内障
糖尿病と目の病気
飛蚊症
赤ちゃんに気をつけたい目の病気、幼児のメガネ
スポーツやショックによる網膜はく離
ドライアイ、眼精疲労
麦粒腫、結膜炎
 
目薬の使い方
生活習慣から起きやすい目の病気と予防
目の病気に良いとされる、食物、食生活、生活習慣


   点眼液の使い方    お子さんの場合の注意  

 


1.最初に手指まで石けんできれいに洗いましょう。
 

2.目薬(点眼薬)の先端には触らないように注意してキャップをはずしてください。
 


3.顔を少し上に向け、1回に2〜3滴ずつ出るようにそっと目薬(点眼薬)に圧力を加えます。

点眼が終わったら、しばらく目を閉じるか目頭を押さえると効果的です。

2種類以上を点眼するときは、次の点眼まで5分以上時間を空けてください。


4.お子さんや、どうしても点眼中に目を開けていられない場合には、横になって目頭を目標に点眼します。しばらく目をぱちぱちしていると自然に目薬が浸透して行きます。
 

5.点眼後の目薬は必ず入れられていたしゃ光袋にもどし、お子さんの手の届かない冷暗所(5°位の冷蔵庫)に保管してください。冷蔵庫で保存の際は凍らせないように注意してください。
 

小さなお子さんに点眼するときは、次の注意を忘れずに!


お子さんが泣いている最中は点眼を避けてください。目薬が涙で流されてしまいます。

 
 

小さなお子さんで点眼をいやがる場合には、以下のような方法でやさしくお子さんの頭部を固定するようにしてください。お母さんひとりで点眼する場合にとても有効です。 

両足(太もも)で、お子さんの動きを押さえるように頭部まではさみ、片手で下まぶたを反転(アカンベー)しながら点眼します。

両足でお子さんの両腕と頭、体を押さえながら点眼します。

 


 原眼科医院 〒321-4361栃木県真岡市並木町2-26-1 Tel.0285-84-1611
Copyright since 2000 Hara Ophthalmology hospital All Right Reserved.