日帰り手術



 現在、当院で行っている白内障手術は、
患者様の心身のご負担を減らせる”日帰り手術”を施術しております。


 白内障の見え方

目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下して以下のような症状がでます。
霞んで見える
・明るいところへ出ると眩しく見えにくい
・どんなに調整しても眼鏡があわない
・ぼやけて二重、三重に見える

*濁りの程度や性状により、症状には個人差があります。 白内障だけでは痛みや充血がでることはありません。水晶体は加齢変化に伴い黄白色っぽく濁ることが多く、白内障が進むと黄白色のフィルターがかかったような見え方や強い光でかすんだような見え方になってしまいます。

普通の見え方 普通の見え方
白内障の見え方(イメージ例) 白内障の見え方(イメージ例)

 白内障の日帰り手術について


目のレンズにあたる水晶体に濁りができたものを白内障と呼びます。現在、白内障手術は超音波水晶体乳化吸引術が一般的です。濁った水晶体を超音波で砕き、吸引して取り除きます。そこに水晶体の代わりとなる眼内レンズ(人工水晶体)を挿入して手術は終了です。

個人の症例にもよりますが、手術は約30分前後で終わります。

なお、日帰り手術でも手術の前後には通院、検査が必要であり 術後は行動が制限されますので医師とよくご相談下さい。また、視力の回復には個人差がありますのでその点にも十分ご注意下さい。

日帰り手術の手順の写真
(怖い物が苦手な方は、ご遠慮ください)

<クリックすると別ウインドウで開きます>


<白内障について>を見る
<目の断面図>を見る